2011~2014年 急逝者

(※逝去日順,主に享年70以下について掲載(一部例外有))

【急逝の判断基準】
  • 循環器系の疾患(心筋梗塞、心不全、大動脈解離、大動脈瘤破裂、脳梗塞、くも膜下出血など)で突然死したケース
  • 急性白血病やスキルス胃がんなどの、進行の早いがんにより、発病(発覚)から1年以内に亡くなったケース

【急逝者だけをピックアップした理由】
放射性セシウムは筋肉に溜まるため、筋肉だけで出来ている心臓には、特に溜まり易いと言われている。その結果、心臓の電気信号に問題が生じたり、エネルギーの産生が出来なくなったりして、心臓疾患による急死を招いてしまう。更に、因果関係は不明だが、チェルノブイリ原発事故の後、脳血管疾患(脳梗塞、脳溢血、くも膜下出血など)による死者が急増したのも、有名な話である。
また、ストロンチウム90は、殆ど全て骨に溜まるため、骨髄の造血幹細胞がダメージを受け、白血病を惹き起こすと考えられている。更に、ストロンチウム90がベータ崩壊してイットリウム90に変わると、膵臓に集中的に溜まってしまうため、糖尿病や膵臓がんの原因になると言われている。
以上の理由から、心臓疾患や脳血管疾患、白血病、膵臓がん等で急逝した方々は、たとえ、被災地への訪問歴や「食べて応援」歴が確認出来なかったとしても、内部被曝が原因で亡くなった可能性が高いと考えられ、特に注目に値すると判断した。

2011年

野間佐和子(講談社6代代表取締役社長)(2011.3.30没,享年67,心不全)
高田純(脚本家)(2011.4.21没,享年63,心不全)
花岡信昭(政治評論家,拓殖大学院教授)(2011.5.14没,享年65,急性心筋梗塞)
今井辰紀(お笑いコンビ「ワンツーギャンゴ」の一人)(2011.5.20没,享年30,死因不明)
  • 亡くなる前日にブログを更新している
清水昶(詩人,評論家)(2011.5.30没,享年70,心筋梗塞)
橋本信一(映画監督,日本映画学校専任講師)(2011.6.17没,享年49,心不全)
渡辺長助(阪神チーフスコアラー)(2011.6.28没,享年54,心筋梗塞)
和田慎二(「スケバン刑事」の漫画家,本名・岩本良文)(2011.7.5没,享年61,虚血性心疾患)
  • 自宅:西東京市緑町3丁目(※参照
アリシア(ロス・インディオスの8代目ボーカル)(2011.7.6没,享年38,心不全)
五十嵐忠夫(元NHKアナウンサー,NHK嘱託職員(NHK放送博物館案内役))(2011.7.27~31頃没,享年75,死因不明(病死))(※不審死(暗殺)参照)
  • 2011.8.10 同日午後0時半頃、施錠された自宅内で妻・栄子と共に倒れていたのを、NHK職員からの通報で駆け付けた警視庁田園調布署員によって発見される(目立った外傷は無く、死後10日~2週間ほど経過していた)
  • 自宅:大田区上池台3丁目
横山節明(競艇選手(岡山支部所属,57期・A2))(2011.7.31没,享年47,急性心筋梗塞)
  • 亡くなる2日前(7.29)まで、「芦屋ボートレース場」の「BOATBoyカップ」に出場していた
松田直樹(サッカー選手,元日本代表,松本山雅FC所属)(2011.8.4没,享年34,急性心筋梗塞)
  • 実家:桐生市相生町5丁目
山岡洋一(翻訳家)(2011.8.20没,享年62,心筋梗塞)
小島昌也(元オリックス外野手)(2011.10.9没,享年26,心室細動)
  • 亡くなる3日ほど前に、母親と電話で話す
有川博(声優)(2011.10.16没,享年70,急性呼吸不全)
  • 自宅:調布市国領町6丁目(※参照
thai(ロックバンド「ANITA CHILIPEPPERS」のボーカル,元「BEAT CRUSADERS」のキーボード・ギター・ボーカル,本名・田井宏之)(2011.11.26没,享年34,心筋梗塞)
  • 晩年はミュージシャンとしてではなく、普通に就業していた
内山まもる(「ザ・ウルトラマン」「リトル巨人くん」の漫画家,本名・内山守)(2011.12.1没,享年62,死因不明)
  • 2011.12.1朝、自宅の寝室で亡くなっているのを家族が見付ける
  • 2012.1.9に東京・九段下の科学技術館で開催された「第58回スーパーフェスティバル」に出席予定だった
  • 自宅:千葉県
栗川仁(栃木県那須塩原市長)(2011.12.4没,享年67,胸部大動脈瘤破裂)
  • 死亡当日も直前まで市内の催しにおいて挨拶をこなしていた(※那須塩原市は有数のホットスポット)
  • 自宅:那須塩原市北和田331(※参照
市川森一(脚本家,劇作家,小説家,コメンテーター)(2011.12.10没,享年70,肺がん)
  • 2011.10.27 急な発熱で緊急入院し、肺炎検査で肺がんが見付かる
  • 自宅:渋谷区広尾4丁目(※参照
菅野ひろゆき(ゲームデザイナー,シナリオライター,本名・菅野洋之)(2011.12.19没,享年43,脳梗塞およびそれに伴う脳内出血)

2012年

布谷文夫(ロックシンガー,「クリエイション」の初代ボーカル)(2012.1.15没,享年64,脳出血)
大平シロー(お笑い芸人,放送作家,自営業(大阪市中央区千日前の焼酎BAR「さかまち倶楽部」、燻製BAR「三番」、たこやき屋「蛸焼依屋文左衛門」、居酒屋「酒堂 庶」を経営),旧芸名・太平シロー,本名・伊東博)(2012.2.9没,享年55,難治性心室細動)
  • 2012.2.4、大阪・難波の繁華街にある自分の事務所で倒れ、市内の病院に緊急搬送されたが、意識不明状態になる
矢嶋学(参議院議員・山本一太の地元秘書(高崎地区担当))(2012.3.1没,享年49,死因不明)
  • 逝去の前々日(2/28)に、山本議員と会議で顔を合わせていた
山口美江(テレビキャスター,タレント,実業家)(2012.3.7没,享年51,心不全)
  • 亡くなった当日の午後5時半頃に、犬の散歩をしている姿を近所の住民が目撃していた
  • 自宅:横浜市中区本郷町
吉村達也(ミステリー・ホラー作家)(2012.5.14没,享年60,進行性胃がん)
  • 2012.4.22 入院する→5.9 余命3週間と告げられる
中野純子(「ヘタコイ」などで知られる漫画家)(2012.7.28没,享年45,虚血性心疾患)
西宮伸一(外交官,中国特命全権大使(2012.9.11付で発令されたが、着任することなく死亡))(2012.9.16没,享年60,急性心不全)(※不審死(暗殺)参照)
  • 2012.9.13 出勤途中、自宅近くの渋谷区松濤2丁目の歩道で急性心不全のため倒れ、うつぶせになり意識不明となったところを通行人の女性に発見される→渋谷区の日本赤十字社医療センターに救急搬送され手術を受けたのち、集中治療室に入る
  • 2015.7.31 西宮幸子(58歳,西宮伸一の妻)が、皇太子妃雅子の世話をする東宮女官長に就任することが閣議で決まる
五十嵐英次(フジテレビ国際局ゼネラルプロデューサー)(2012.9.19没,享年48,脳出血)
桑名正博(ミュージシャン,俳優,実業家)(2012.10.26没,享年59,脳幹出血)
  • 2012.7.15早朝に大阪市内の自宅で脳幹出血により倒れ、大阪市住之江区の友愛会病院に緊急搬送されたが、意識不明の重体となる
佐藤博(シンガーソングライター)(2012.10.26没,享年65,解離性大動脈瘤)
  • 自宅スタジオで座禅を組み、手を合わせて倒れているのを友人が発見し、救急車を呼んだが既に死亡していた
  • 自宅:横浜市都筑区北山田5丁目(※参照
野中のばら(4コマ漫画家,「ネコ様の言うなり」「肉球プニプニ日記」の作者)(2012.11.16没,生年非公開のため享年不明(40代?),死因不明(病死))
  • 「肉球プニプニ日記」が掲載されていた「Eleganceイブ」に1月号の原稿を入稿した後入院し、闘病の甲斐なく亡くなる
  • 自宅:北海道札幌市
関本雅一(実業家,元電通社員,元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子の夫)(2012.12月没,享年53,大動脈瘤破裂)
亀井聡(新島学園短期大学准教授)(2012.12.17?没,享年54,急性心筋梗塞)
  • 学校を無断欠席したため、学校職員が高崎市内の自宅へ様子を見に行くと亡くなっていた
神山明(彫刻家,東海大学教授)(2012.12.24没,享年59,心不全)
  • 2011.5月 心臓カテーテル手術を受ける→9.1 脳のMRIを撮る→9.26 「目が疲れてしょうがない。眼球とその奥が痛い。」とツイートする→10.24 血液検査を受ける→11.2~4 血管造影の検査のため、入院する
  • 自宅の最寄駅は、相模鉄道の二俣川駅

2013年

佐々木久行(プロゴルファー)(2013.1.3没,享年48,心不全(トレーニングのため滞在していたタイで客死))
  • 自宅:前橋市
山口恒夫(信州大学教育学部名誉教授(教育哲学・臨床教育学))(2013.1.6没,享年67,大動脈解離)
  • 自宅:長野市徳間(※参照
石田格(マジック:ザ・ギャザリングプレイヤー,トレーディングカードゲームデザイナー)(2013.1.13没,享年33,死因不明(突然倒れての急逝))
高田文之(北海道のローカルタレント・歌手,愛称・Mr.デーブマン)(2013.1.24没,享年66,脳梗塞)
  • 2013.1.24 札幌市の自宅で脳梗塞により死亡しているのを、訪ねてきた知人により発見された
池上蓮(パチプロ,「パチンコ攻略マガジン」で「パチンコ征服論」を連載していた)(2013.2.9没,享年49,死因不明)
  • 難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)に罹病し、闘病していた→2013.2月初頭 容態が急変
殊能将之(推理作家,「ハサミ男」の著者)(2013.2.11没,享年49,死因不明)
  • 亡くなる4日前の2.7に、「んじゃまた」と生前最後のツイートをしている
飯野賢治(ゲームクリエイター,実業家)(2013.2.20没,享年42,心不全)
須藤薫(ポップス歌手,本名・相馬薫)(2013.3.3没,享年58,骨髄異形成症候群)
  • 2012.11月に熱が下がらず同月末に入院し、その後、検査で病名が判明した
森川健太(NHK教育テレビディレクター,リーディングライブ「ことだま屋本舗☆リーディング部」の脚本・演出を担当)(2013.3.6*没,享年35*,急性白血病)(*「2013.3.9没,享年33」という情報が蔓延しているが、間違い)
  • 多摩美術大の同級生が、「(亡くなる)一ヶ月くらい前に久しぶりに会ったときは元気そうだった」とツイートしている
梅本洋一(映画評論家,横浜国立大大学院都市イノベーション学府・研究院教授)(2013.3.12没,享年60,虚血性心不全)
  • 知人の室井尚(哲学者・横浜国大教授)のブログに、「以前心臓の手術はしているが普通に活動している途中で、しかも飲み会の時に突然訪れた死」との記述がある
田中宥久子(ゆくこ)(ヘアメイクアップアーティスト,カリスマ美容家)(2013.3.19没,享年67,肺がん)
  • 2012.6月 体調に異変を感じ、「変な咳が出る」「身体の芯に力が入らない」と周囲に言い、妙な汗が出る様になる→2012年秋 末期の肺がんで余命半年と診断される
小林秀樹(長野市の打楽器アンサンブルグループ「TAM.AM.RA Percussion Group」メンバー,「オーケストラ・ソノーレ長野」運営委員長,長野県建設技術センター職員)(2013.3.19没,享年62?,脳梗塞)
  • 2013.3.6 同日朝、突然脳梗塞で倒れ、その後意識不明の状態が続いていた
  • 2013.3.4まで、自身のTwitterでツイートしている
  • 自宅:長野市鑪(※参照
匣咲いすか(はこざきいすか)(ヤングガンガンで「キャタピラー」を連載していた漫画家)(2013.4月没,享年27,死因不明)
山藤統宏(大井競馬所属調教師)(2013.4.11没,享年48,脳幹出血)
  • 4月初旬まで、競馬新聞に山藤氏のコメントが掲載されていた
  • 大井競馬場厩舎地区は品川区勝島2丁目2で、山藤統宏厩舎もここにあった
鈴木伊津男(元幕内王湖,友綱部屋世話人)(2013.4.24没,享年56,肺炎)
  • 2013年3月場所(3.9~23)後に体調を崩して入院していた
中井太喜(ラグビー選手(近鉄ライナーズのフランカー))(2013.5.12没,享年24,胃がん)
  • 2013.2月頃 腰と背中に痛みを訴える→4月中旬 胃や肝臓に悪性腫瘍が判明し、入院し療養していた
坂本鐐一(「たけちゃんにぼしらーめん」店主)(2013.5.12没,享年71?,肝臓がん)
  • 2013.1月 末期の肝臓がんと診断される
YASUDA(同人サークル「ヤスダンチ」代表)(2013.5月末没,享年24,死因不明))
  • 2013年から都内で一人暮らしをしていたが、連絡がとれなくなった両親が心配になり、様子を見に行ったところ、亡くなっていた
  • 2013.5.26の誕生日の時点でも元気だった
尾崎行雄(元東映(現日本ハム)投手,欧州料理レストラン「ウィーン&ワイン」を経営)(2013.6.13没,享年68,肺がん)
  • 2013.5.15 体調不良を訴える→6.5 最初の精密検査を受ける→6.7 都内の病院に入院
  • 「ウィーン&ワイン」は台東区元浅草3-3-5にある,自宅:台東区
一ノ宮昌則(毎日新聞埼玉東部南桜井販売所長)(2013.6.19没,享年60,心原性ショック)
  • 毎日新聞南桜井販売所:春日部市米島1198-4
中村隆太郎(「serial experiments lain」のアニメ監督)(2013.6.29没,享年58,膵臓がん)
  • 知人・丸山正雄のfacebookに、「告知された三ヶ月後の6月29日に誰にも知らせるなと遺言残して…」とある
金子勇(ファイル共有ソフト「Winny」の開発者,ソフトウェア開発者,情報工学者)(2013.7.6没,享年42,急性心筋梗塞)
乙P(ボーカロイド・プロデューサー)(2013.7.9没,享年25,死因不明の突然死)
  • 亡くなった後もTwitterが自動投稿され続ける
MAKI THE MAGIC(ヒップホップユニット「キエるマキュウ」のMC,DJ,トラックメーカー,本名・槙茂樹)(2013.7.14没,享年46,脳内出血)
栗本剛(元十両武哲山,東洋大牛久高相撲部監督)(2013.7.20没,享年42,心不全(自宅寝室で亡くなっているのを家族が発見))
  • 2013.7.7放送のFM西東京「北脇貴士の大相撲甚句」にゲスト出演している
  • 自宅:牛久市(※参照
伊藤秀明(サンダーバード研究家,アニメ・特撮研究家)(2013.7.21没,享年55,急性心不全)
谷雅志(講談社編集総務局長,元フライデー編集長)(2013.8.10没,享年58,心不全)
岡山清人(宮崎県延岡市立西階中校長)(2013.8.23没,享年57,心不全)
  • 自宅:延岡市日の出町1丁目(※参照
山田修爾(演出家,「ザ・ベストテン」のプロデューサー,キャスト・プラス取締役相談役)(2013.8.28没,享年67,特発性間質性肺炎)
  • 2013.3月 雑誌「昭和40年男」Vol.19取材中に何度か咳き込みながらインタビューをしていた→7月末 入院する
籠一郎(福井県敦賀市議会議員)(2013.8.29没,享年63,急逝心筋梗塞)
高橋ジャッキー香代子(ボーカリスト,ミュージシャン,長渕剛のコーラスを担当)(2013.8.30没,享年59,舌がんによる吐血衰弱死)
  • 2013.1月 舌がんで入院する
大西弘二(奈良県警察学校長)(2013.8.30没,享年57,虚血性心疾患)
  • 自宅:北葛城郡広陵町大塚六道山?(※参照
水口洋治(詩人,元甲子園短期大学助教授,季刊誌「PO」を創刊,幸福の科学信者)(2013.8.31没,享年65,心筋梗塞)
  • 自宅:大阪市中央区粉川町2丁目(※参照
佐草一優(獣医師,「のづた動物病院」院長,NPO法人ジャパンワイルドライフセンター理事長)(2013.9.4没,享年54,食道がん)
  • 2013.3月中旬 声枯れの症状が出る→食道がんと診断され、在宅で免疫療法を行っていた
  • のづた動物病院:町田市野津田町1086
前田正尚(日本政策投資銀行取締役常務執行役員)(2013.9.4没,享年57,くも膜下出血)
岸本正人(元毎日新聞論説委員・元千葉支局長)(2013.9.10没,享年60,心室細動)
牟田達史(東北大大学院教授・生化学)(2013.9.11没,享年50,肺塞栓)
鈴木がんま(「まかせてダーリン」の漫画家,別名義・鈴木雅洋、高畠かづを、今中光太郎)(2013.9.15没,享年50,脳内出血)
  • 2013.9.15 友達と飲み会をして帰宅した後、脳内出血で倒れてそのまま自宅アパートで亡くなる
鶴田逸亭(新潟大学教育学部教授,毎日書道展会員,本名・鶴田一雄)(2013.9.19没,享年61,胃がん)
  • 2013.8月末 急に体調を崩して入院し、検査する間もなく急逝する
  • 自宅:新潟市西区新通西1丁目(※参照
石田太郎(俳優・声優,本名・石田弦太郎)(2013.9.21没,享年69,心筋梗塞)
  • 2013.9.21 13時頃、ドラマ『独身貴族』第1話の収録で神奈川県相模原市緑区の城山スタジオにて水着姿でプールに入っての撮影後、意識を失い心筋梗塞を起こして突然倒れる→市内の病院に搬送されたが、3時間半後の16時24分に心筋梗塞で死亡
  • 周囲の関係者により、7年ほど前から心臓に持病を抱えるようになって、常備薬を持ち歩かなければならない時期もあったことが明らかにされた
浜田吉治郎(元アマチュアボクシング選手,東京オリンピック日本代表,元近畿大学ボクシング部総監督)(2013.9.22没,享年70,心不全)
  • 前立腺がんを患い闘病生活を続けていた
  • 自宅:奈良県河合町川合(※参照
松下雋(しゅん)(元日本ガイシ社長,中部経済連合会副会長,学校法人名城大学理事,NHK経営委員会委員(2012.3.1~2013.8.13依願免職))(2013.9.29没,享年66,急性心不全)
  • 自宅:名古屋市
窪山邦彦(「NPO法人遠賀川流域住民の会」理事長)(2013.10.1没,享年70,大動脈瘤破裂)
  • 亡くなる2日前に、知人宛にメールしている
  • 自宅:福岡県飯塚市秋松(※参照参照参照),NPO法人遠賀川流域住民の会:飯塚市川島683-1)
坂本誠治(競艇選手(香川支部所属,82期・B1))(2013.10.3没,享年36,急性心不全)(※認定留保中参照)
  • 亡くなる4日前(9.29)まで、「蒲郡ボートレース場」の「G3 KIRIN CUP」に出場していた
  • 自宅:香川県坂出市本町2丁目?(※参照
長尾一孝(岡山理科大技術科学研究所教授(応用微生物学))(2013.10.3没,享年66,心筋梗塞(研究室で倒れる))
  • 自宅:岡山市南区築港ひかり町(※参照
酒井一憲(兵庫県・三田市議会議員)(2013.10.5没,享年63,心筋梗塞)
  • 自宅:三田市三輪3丁目(※参照
中園健司(脚本家,渋谷区非常勤嘱託職員(2013.4月~))(2013.10.6没,享年60,食道がん)
  • 2013.6月下旬 微熱と下半身の痛みが始まる→7月中旬 微熱が治まらず、痛みが腰に集中する→7.23 FAX複合機を持ち上げようとして、腰に激痛が走り、床に蹲る→7.25 順天堂大学医学部附属練馬病院で、がんが骨(脊髄に2ヶ所)に転移している可能性が高い(ステージ4)と診断される→8.9 中部食道がん(扁平上皮質)が原発で、鎖骨リンパ節、縦隔リンパ節、胸腰椎、左腸骨に転移しており、ステージ4B(手術は不可能)と診断される→8.14 PET検査で、がんが全身に転移していることが判明→8.19~9.4 抗がん剤治療のため、順天堂大練馬病院に入院する→9月末 突如容態が悪化→10.3 ホスピスに入所
  • 自宅:練馬区下石神井4丁目のマンション(1995~2013.6.26)(※参照)→小平市の中古マンション(西武新宿線の花小金井駅からバスで10分)
檀臣幸(声優,本名・田中良雄)(2013.10.10没,享年50,再発性大動脈解離)
  • 自宅:新宿区
森本美由紀(ファッションイラストレーター)(2013.10.10没,享年54,胃がん)
  • 2013年夏から闘病していた
  • 自宅:岡山県
臼井直人(神田外語大学准教授(英米語学科),ロックバンド「The Electric Sunflowers」のギター&ヴォーカル)(2013.10.16没,享年46,急性心筋梗塞)
  • 自宅:千葉県四街道市
中島喜代子(三重大名誉教授(住居学))(2013.10.16没,享年65,急性冠症候群)
石原潔(元東京海上日動火災保険常務)(2013.10.17没,享年56,脳内出血)
一寸木富雄(元箱根町消防長)(2013.10.24没,享年63,脳梗塞)
  • 自宅:小田原市久野(※参照
牛嶋肇(奈良県まちづくり推進局次長)(2013.10.25没,享年59,急性心不全)
鈴木道雄(福島県折込広告社福島支社長)(2013.10.27没,享年47,心不全)
前田正(元衆議院議員)(2013.10.28没,享年66,心不全)
  • 自宅:大阪市
辻邦彦(サンリオ副社長,創業者で社長の辻信太郎の長男)(2013.11.19没(現地時間),享年61,急性心不全(米ロサンゼルスで客死))
  • ジョギングを済ませ、ホテルに戻ってきたところ、倒れる
山丸郁夫(アイヌ民族博物館誘客戦略室室長・常勤理事,アイヌ民族)(2013.12.3没,享年57,急性心不全(出張先の水戸市のホテルで急死))(※認定留保中参照)
  • 自宅:北海道白老町高砂町1丁目(※参照
川口和子(弁護士(第一東京弁護士会),中国山西省性暴力被害者損害賠償等請求訴訟を担当,救援連絡センター運営委員)(2013.12.3没,享年49,くも膜下出血)
  • 藍天国際法律事務所(所属事務所):千代田区九段南3-7-8 ゴンドラビル4階A室
黒川誠治(オリエンタルランド執行役員・フード本部長)(2013.12.15没,享年57,心不全)
岡村幸四郎(埼玉県川口市長)(2013.12.25没,享年60,急性腎不全)
  • 亡くなる前日は公務を休み、電話で業務の指示をしていた
  • 自宅:川口市東内野528-10(※参照
大瀧詠一(ミュージシャン,本名・大瀧榮一)(2013.12.30没,享年65,解離性動脈瘤)
  • 2013.12.30 午後5時半頃、自宅で家族と一緒にリンゴを食べていたところ、急に苦しみだし床に倒れ、心肺停止状態になる→救急搬送先の病院で死亡
  • 自宅:東京都西多摩郡瑞穂町

2014年

天野大気(漫画家,同人作家)(2014.1.6没,享年36,死因不明)
  • 2014.1.2 ラーメン屋で大盛りを食べた帰途に猛烈な便意に襲われ、その後、頭痛に見舞われる→1.3 腹の調子が著しく悪くなり、風呂あがりに倒れる→1.4 200m離れたコンビニまで往復するのに1時間掛かった上に、帰宅後は、玄関を開けたまま倒れて気絶してしまう→1.5(誕生日) 家の中を歩くことすら出来なくなり、「とりあえず家族と連絡をとり しばし不在にします」を最後にツイートが途切れる
  • 自宅:練馬区旭町界隈
佐久間正英(ミュージシャン,BOØWYやGLAY、JUDY AND MARYなどを手掛けた音楽プロデューサー)(2014.1.16没,享年61,胃がん)
  • 2013.4月上旬 スキルス胃がん(ステージⅣ)と診断され、医者から「すでに手の施し様はあまりない」と言われる→7月中旬過ぎ 左腕の知覚がオカシイことに気付き、翌日の検査で、結構な大きさの脳腫瘍(恐らく転移)が発見される→8.3 内科の検診を受けたところ、肝臓に多数の転移が認められ、脾臓にも転移していることが判明する→8.14 脳腫瘍の手術を受ける→10.27 痛みで眠れず、足の浮腫みが酷くなる→2014.1.15 同日夜に容態が急変する
  • 自宅:世田谷区
中村直(NYの「SAINT」や「TRACKS」等、伝説のCLUBで活躍したDJ)(2014.1.17没,生年非公開のため享年不明(40代後半から50代?),心筋梗塞)
  • 1.12まで自身のTwitterでツイートしている
御堂岡啓昭(ネットストーカー,掲示板荒らし,反原発活動家(2011.10月から熊本に移住し、被曝問題に取り組んでいた),熊本市内のバー「秘密基地 AZITO (アジト)」の店主)(2014.1.22没,享年44,死因不明)
  • 2014.1.22 同日夕刻に、「AZITO (アジト)」の2階で倒れていたのを発見される
  • 1.19まで、自身のTwitterでリツイートしていた
小川雅也(太宰治が通った鰻料理店「若松屋」の2代目,国分寺市の寿司店「東鮨」店主)(2014.1.26没,享年58,急性心筋梗塞(夜中に寝ている間に亡くなる))
坂東眞砂子(直木賞作家,イタリアンカフェ「La Cascade(ラ・カスカードゥ)」をプロデュース(2009.6月~))(2014.1.27没,享年55,死因不明)
  • 2013年春に舌がんの手術を受け、その後、肺に転移が判明して、年末から再び入院していた
  • イタリアンカフェ「La Cascade(ラ・カスカードゥ)」は、高知市鏡今井1870にある
渡辺麿史(元近鉄選手,中日ドラゴンズ九州地区担当スカウト)(2014.2.1没,享年57,急性骨髄性白血病)
  • 恩師・原田博文のブログに「一年間の闘病」とある
  • 自宅:福岡県久留米市
加藤祐介*(音楽雑誌「FOOL'S MATE(フールズメイト)」などへ寄稿していた音楽ライター)(2014.2.8没,享年不明(50歳前後?),脳幹内出血)(*J-POPやCM曲の作曲家・加藤裕介とは別人)
久保智史(声優)(2014.2.9没,享年34,くも膜下出血)
  • 亡くなる前々日まで、自身のTwitterでツイートしていた
安西信一(東京大学大学院・人文社会系研究科准教授,『ももクロの美学 〈わけのわからなさ〉の秘密』著者)(2014.2.10没,享年53,くも膜下出血)
山田信芳(指揮者,名古屋尾張地域市民オペラ振興会(NCO)理事長)(2014.2.13没,享年54,脳内出血)
仲田龍(リングアナウンサー(プロレスリング・ノア所属))(2014.2.15没,享年51,心筋梗塞)
  • 2015.2.15 愛知県内の高速道路サービスエリア内駐車場の車の中で死亡しているのが発見された
  • 自宅:新浦安のマンション
みらゐ(音ゲーの作曲家,本名・石橋渡*)(2014.2.16没,享年39,死因不明(自殺ではない))(*石橋渉とする情報が流布しているが、間違い)
  • 2.8まで自身のTwitterでツイートしている
林令一郎(東急エージェンシー・クロスメディアソリューション局長)(2014.2.20没,享年48,死因不明)
  • 知人・次原悦子のツイートに「会社が凄くお世話になった方が急に亡くなった」「前日まで元気だった」とある
  • 自宅:東京都港区
ZION(「Big Beautiful Girls」の漫画家,「コミックTENMA」誌上で活躍)(2014.3月?没,享年25,心筋梗塞?)
  • 2014.3.30付で、「去年の夏コミで慧音本を出されてから天魔に短編カラーを描いて音沙汰が無かったと思ってたら・・・orz」と書いているブログ有
  • 掲示板に「プロフィールではまだ25歳の若さ 漏れてくる話では心筋梗塞とからしい でも去年の9月以降渋やブログで一切更新なし よく参加してたコミケに参加するかどうか自体の発表すらなかった なんかよく分からんね」なるカキコ有
本郷潔(日本環境開発社長)(2014.3.4没,享年56,動脈破裂)
  • 具合が悪くて病院の待合室にいた際、激しい咳をした拍子に動脈が破裂して亡くなる
  • (株)日本環境開発:新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル8階
寺田良造(大和ハウス工業常勤監査役)(2014.3.9没,享年67,脳出血)
吉田栄勝(レスリング・吉田沙保里選手の父,元全日本レスリング57kg級王者)(2014.3.11没,享年61,くも膜下出血(運転中に出血を起こし、ガードレールに接触して死亡))
  • 自宅:三重県津市一志町高野上野(※参照
岡田航(ロックバンド「Lyrical Life」のギタリスト)(2014.3.14没,享年32,急性心不全)
安西マリア(歌手・女優,本名・柴崎麻利子)(2014.3.15没,享年60,急性心筋梗塞)
  • 2014.2.20 自宅で心臓に痛みが発症し、自分で119番通報して救急搬送される→急性心筋梗塞と診断され、3日間にわたって冠動脈再灌流療法などの集中治療が行われたが、危篤状態だった
藤巻幸大(実業家,元参議院議員,本名・藤巻幸夫)(2014.3.15没,享年54,大動脈破裂)
加登学(文京区湯島のパティスリー「ロワゾー・ド・リヨン」のオーナーシェフ)(2014.3月下旬没,享年45,死因不明)
togatsuko(とがつこ)(イラストレーター)(2014.3.24没,生年非公開のため享年不明(20代後半?),死因不明)
  • 2013.6.25 自身のTwitterで、「なんですかこの足指からあふれ出る血膿は。痛いので早く治ってください。」とツイート→11.24 「なんだか大腿部が立ち上がるのも困難なほどに痛いんですけどなんだろ…。満身創痍過ぎるヨボヨボ」とツイート→12月末 「悪性の末期がんでほぼ全身に転移しており、手の施しようがない」「余命数ヶ月」と宣告される
  • 自宅:京都府
牧野憲一(少年野球「浦和エンゼルス」の監督)(2014.3.24没,享年67,心筋梗塞)
  • 自宅:さいたま市浦和区針ヶ谷2丁目?(※参照
井伊準(東京交響楽団チェロ奏者,チェロアンサンブルXTCメンバー)(2014.3.26没,享年27,心臓疾患)
  • 亡くなる3日前(3/23)までリツイートしていた
山下順弘(映画美術装飾家,陶芸家,(有)DartS社長)(2014.3.26没,享年52,心不全)
宮里立士(文芸評論家)(2014.3.26没,享年47,静脈瘤破裂による大量出血)
山本俊彦(「ハイ・ファイ・セット」のメンバー,音楽プロデューサー)(2014.3.27没,享年67,虚血性心不全)
  • 2014.3.27 自宅の2階で倒れているのを妻・潤子が発見し、救急隊員が駆けつけたが、その場で死亡が確認された
  • 自宅:世田谷区
鳥越泰彦(私立麻布学園中学・高校教諭(社会科),東京大学非常勤講師,高校世界史教科書の執筆者)(2014.3.29没,享年48,心停止)
  • 2014.3.29 同日未明、国際交流授業で生徒を引率して出張していた韓国・ソウルのホテルで、就寝中に心停止を起こして亡くなる
増田雅人(ゲームデザイナー,人気ゲーム「ファイヤープロレスリング」シリーズの生みの親)(2014.3.29没,享年48,脳幹出血)
  • 妹のツイートに、「死因は『脳幹出血』でした。自宅で倒れる寸前に自ら救急車を呼び、意識が戻らぬまま帰らぬ人となりました。」とある
春原俊樹(「ボクシング・ビート」誌記者)(2014.3.30没,享年57,胃がんによる肝機能腎機能停止)
  • 2014年に入り胃がんと判明し、闘病生活を続けていた
  • 自宅:さいたま市浦和区大東2丁目(※参照
熊谷保宏(日本大学芸術学部演劇学科教授,応用演劇研究,「中野成樹+フランケンズ」メンバー,NPO法人スキッツ・プラス監事)(2014.3.30没,享年46,心不全)
  • 自宅:小平市
光本正記(作家,「紅葉街駅前自殺センター」の著者)(2014.3.31没,享年35,死因不明)
  • 亡くなった当日に、「苦悩今日と疲れやすくなっている。風呂に入っただけで息があがった……。」とツイートしている
森幸春(日本ロードレース界の草分け的存在,自転車店「グローブテクニック」店主,末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)信者)(2014.4.2没,享年62,膵がん)
  • 2013.12月 膵がんと診断される→手術によらない食事療法などを選択して闘病生活を続ける→2014.2月 余命2ヶ月と宣告される→4.1 横浜労災病院に入院
  • グローブテクニック:横浜市港南区上永谷4-19-15 岳南ビル102
清野光弘(琉球大学理学部物質地球科学科准教授)(2014.4.2没,享年51*,死因不明)(*1963.3.24生まれであることが、本人のホームページより判明)
  • 神奈川県平塚市北金目の「東海大学湘南キャンパス」で開催された「第69回日本物理学会」(2014.3.27~30)に参加中に倒れ、治療の甲斐なく亡くなる
  • 自宅:沖縄県宜野湾市志真志(※参照
南木顕生(脚本家)(2014.4.4没,享年49,急性大動脈解離)
ジャンボ秀克(タレント・ラジオパーソナリティ・フリーアナウンサー,本名・佐々木秀克)(2014.4.9没,享年62,急性心臓死)
  • 2014.4.8 同日午前11時40分頃、北海道札幌市南区常盤3条2丁目の路上で仰向けで倒れているのが見つかり、ドクターヘリで緊急搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された
  • 自宅:札幌市南区真駒内(※参照
山本浩(水戸証券副社長)(2014.4.9没,享年60,心不全)
  • 自宅:小山市若木町2丁目?(※参照
内山英明(写真家)(2014.4.14没,享年65,脳出血)
  • 自宅:川崎市多摩区宿河原2丁目(※参照
大木堂ゆば(芸人(げんしじん事務所所属),女芸人パブレストラン「中野コメディエンヌ」に在籍,本名・一宮さちこ)(2014.4月中旬没,享年53,死因不明)
  • 4.9まで自身のTwitterでツイートしている
松田正弘(ルアーフィッシング界で九州を代表する一人,シマノフィールドテスター,小学校教諭)(2014.4.19没,享年46,心筋梗塞)
  • 自宅・松田鮮魚店:宮崎県小林市細野219
鹿園直建(地球科学者,慶應義塾大学名誉教授)(2014.4.22没,享年67,虚血性心疾患)
  • 自宅:武蔵野市吉祥寺南町3丁目(※参照
  • 原子力規制委員会の核燃料安全専門審査会審査委員(地形・地質・地盤分野担当)をしていた
岡田れえな(タレント・女優,本名・鮫島令恵奈)(2014.4.26没,享年26,急性心不全)
北川史朗(囲碁観戦記者)(2014.4.28没,享年40,心筋性虚血症)
石原康(鉄道写真家,「My Lovely IIDA line 愛しの飯田線」の著者)(2014.5.5没,享年56?,死因不明)
  • 自宅:長野県駒ケ根市福岡(※参照
ヒロ伊藤(片腕の音楽カメラマン)(2014.5.11没,享年67*,死因不明)(*享年68とする情報もあるが、1946.8.13生まれなので、67歳が正しい)
横山明裕(ヘヴィメタルバンドUNITEDのベーシスト)(2014.5.13没,享年49,死因不明)
  • 5.7から自身のTwitterで体調不良を訴え、5.9には「久々に10日間も寝込んでる。熱は大分下がったみたいなんだけど現実と幻覚の違いが区別出来ない時がたまにある。。」とツイートしていた)
A-ICHI(エイイチ)(日本の現役ゲイDJとして最も長いキャリアを誇る大御所,本名・松井英一)(2014.5.17没,享年54*,くも膜下出血)(*享年55という情報も有)
宮下順一郎(青森県むつ市長)(2014.5.19没,享年62,くも膜下出血)(※認定留保中参照)
  • 2014.5.19 同日18時半からむつ市下北町の「プラザホテルむつ」で開かれていた異業種組織の総会の懇親会で、乾杯の挨拶をしている時に急に倒れ、搬送されたむつ総合病院で21時39分に死亡が確認された
  • 自宅:むつ市中央2-1-6(※参照
青木士郎(元日本たばこ産業取締役)(2014.5.23没,享年69,虚血性心不全)
  • 自宅:世田谷区尾山台3丁目(※参照
高橋淳一*(アイスホッケー選手(元古河電工FW))(2014.5.23没,享年44,死因不明)(*「H.C.栃木日光アイスバックス」に同姓同名の現役選手(1978.1.23生まれ)がおり、そちらは存命)
  • 「会社の健康診断から再検査に至り、結果が判明した際には、既に深刻な病状だった」「およそ1年に及ぶ闘病生活を、必至に戦い抜いた」と書いているサイトが有
永谷脩(スポーツライター)(2014.6.12没,享年68,急性骨髄性白血病)
  • 2014.3.3 貧血で救急搬送され、白血病であることが判明→5.14に寄稿した原稿を最後に、闘病生活に入る
森谷誠(エロ漫画家,「コミックMUJIN」誌に作品を発表していた,別名義・前田貴也、成瀬淑美)(2014.7月?没,享年不明,急性心不全)
森弥邦夫(SF作家,別名義・森弥亭,本名・亀澤邦夫)(2014.7.13没,享年61,死因不明)
  • 友人・金子雅則のfacebookに、「しばらく前にくも膜下出血で倒れて、リハビリ中という話を聞いていたのですが、まさかこんなに急いで逝ってしまうとは思いませんでした」とある
帯ひろ志(「がんばれゴエモン」シリーズの漫画家,「講談社フェーマススクールズマンガ専科」インストラクター(2010.9月~),「中央美術学園マンガコース」講師(2013年~),別名義・本能猛)(2014.8.3没,享年54,脳幹出血)
  • 2012.7.29 「講談社フェーマススクールズ」のスクーリングで、宮城県仙台市の「東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)」に赴き、講師を務める
    • 2007.8.31 脳梗塞で倒れ入院し、糖尿病も発覚する→9.8 退院→2014.8.2 同日夕方、突然脳幹出血を発症して倒れ緊急入院し、手術を受ける→8.3 午前7時40分、入院先の病院で死去
  • 自宅:相模原市
助田幸雄(富山県南砺市議会議員,葬儀会社の(株)スケダ社長)(2014.8.22没,享年68,死因不明(韓国・ソウルで客死))
  • 日韓交流議員団の一員として韓国出張中に、滞在先のソウル市内のホテルの浴室内で倒れる
  • 自宅&(株)スケダ:南砺市井波1584
半田雅和(声優)(2014.8.26没,享年47,心不全)
  • 数年前に体調を崩して通院して投薬治療を受けながら仕事はしていたが、2014年8月26日夜に容体が急変した
利根川勝(トロンボーン奏者,スウィングジャズチーム「Tony-7」のリーダー)(2014.9.16没,享年55or56(1958年生まれ),急性大動脈解離)
  • 2014.9.15朝、自宅で倒れ、救急搬送されたが、翌16日午前7時57分に亡くなる
大島一威(ロックバンド「THE FOOLS」「藻の月」のギタリスト)(2014.9.30没,享年48?,死因不明)
  • 2014.9.16 「高円寺 SHOW BOAT」で開催された「THE FOOLS」のライブに出演した際は、体調不良のため、椅子に座りながら演奏していた→ライブ後、知人とのメッセンジャーによるやり取りで、「外出はしたくないほど歩行が困難です」「なんとか療養しないと」等とメッセージを送っている
惣司ろう(そうつかろう)(「忘却の首と姫」の漫画家)(2014.10.16没,享年不明(30歳前後?),胃がん)
  • 2014年夏頃から胃がんを患い、闘病生活を送っていた
林修(フランス文学者,福島大学経済経営学類教授(フランス文学・比較文学))(2014.10.21没,享年51,胸部大動脈解離)
  • 自宅:福島市太田町(※参照
諏訪美緒(ギャル系ファッション誌「小悪魔ageha」「BETTY」モデル)(2014.11.16没,享年23,くも膜下出血)
  • 亡くなる前日に実姉と電話で会話しており、変わった様子は見られなかった
角銅秀人(「オールナイトニッポン」などを手掛けたニッポン放送ディレクター)(2014.12.11没,享年43,くも膜下出血)
  • 12月上旬にくも膜下出血で倒れ、病院に搬送されるも、意識が戻らないまま亡くなる
中村秀利(声優)(2014.12.24没,享年60,くも膜下出血)
篠原孝彦(日本ハム取締役)(2014.12.25没,享年60,大動脈解離破裂)
高原鉄男(猫絵画家)(2014.12.26没,享年56,死因不明)
Takeshi(ロックバンド「Ravecraft」のベース)(2014.12.27没,享年42,膵臓がん)
  • 2014.8月に病気が発見された時には、既に手術も出来ない末期の膵臓がんで、転移も見られ、半年の余命宣告をされていた

  • 最終更新:2016-06-02 20:36:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード