知事・市区町村長

(※逝去日順,主に享年70以下(一部例外有),内部被曝要因が確認出来なかった逝去者も掲載した)
(※自殺した齊藤隆(千葉県横芝光町長,2012.2.6没)、櫻田真人(北海道北見市長,2015.8.6没)、事故死した山口憲造(北海道むかわ町長,2014.1.31没)については割愛)

  • 赤字:在職中の逝去者
  • ★印:「福島原発の放射能の影響で亡くなったと思われる著名人」認定者
  • ◆印:「福島原発の放射能の影響で亡くなったと思われる著名人」認定留保中

2011年

山口和彦(千葉県勝浦市長)(2011.6.12没,享年59,肺がん)
  • 2011.4月中旬 せきが止まらないなど体調の異変を訴える→5.7 入院する→6.3 病名を重症肺炎と公表
  • 自宅:勝浦市杉戸1042
西村伸一郎(前高知県土佐清水市長)(2011.7.19没,享年67,直腸がん)
  • 自宅:土佐清水市浦尻21-19
西口勇*(前大阪府守口市長)(2011.7.26没,享年66,誤嚥性肺炎)(*市長退任後に亡くなっているが、実質的には、在職中に逝去したも同然なので、赤字にした)
  • 2011.4月下旬 腹痛を訴える→5.6 在宅業務に切り替える→5.18 入院し、市長職務代理者を置く→6.30 本人から退職届が出される→7.1 退職届が守口市議会本会議で同意される→7.8 市長を退任する
  • 自宅:守口市滝井元町1-4-13
松尾徹人(元高知市長(~2003.11月),(株)三翠園元社長)(2011.7.28没,享年64,膵臓がん)
  • 2010年 膵臓がん発病→2011年 自身の膵臓がんを公表
  • 自宅:高知市針木南3-30
平澄芳(元岩手県軽米町長(~2011.1月),元岩手県議会議員)(2011.7.30没,享年62,胃がん)
  • 自宅:軽米町山内28-88
高橋洋介(元岩手県副知事,岩手・沖縄かけはし交流協会会長,南部杜氏応援団団長)(2011.8.9没,享年69,腎盂がん)
  • 2011.4月 癌が判明するも、震災による多忙で入院を延期→6月 入院する
  • 自宅:北上市新穀町1-6-34
中里長門(前岩手県陸前高田市長)(2011.8.16没,享年64,胆管がん)
  • 2010.5月 閉塞性黄疸の治療のため、1か月以上公務を離れる→2011.2月 体調不良を理由に勇退
  • 自宅:陸前高田市竹駒町下壺204
安澤正光(新潟県刈羽村副村長)(2011.9.24没,享年62,急性膵炎)
  • 自宅:刈羽村刈羽3203
  • 自宅から西南西に約1.8kmの場所に、柏崎刈羽原子力発電所(柏崎市青山町16-46)がある
  • 原子力耐震・構造研究拠点(新潟工科大学構内)の「原子力耐震安全研究委員会」の委員をしていた
栗川仁(栃木県那須塩原市長)(2011.12.4没,享年67,胸部大動脈瘤破裂)(※2011~2014年 急逝者参照)
  • 死亡当日も直前まで市内の催しにおいて挨拶をこなしていた(※那須塩原市は有数のホットスポット)
  • 自宅:那須塩原市北和田331
鍵田忠兵衛(奈良県議会議員,元奈良市長,前衆議院議員,宝蔵院流槍術第20世宗家)(2011.12.16没,享年54,心不全(韓国・済州島で客死))
  • 2011.12.16 同日午前に韓国・済州島のゴルフ場でプレー中に倒れ、病院に搬送された(12.15から同僚県議らと韓国にゴルフ旅行に出かけていた)
  • 自宅:奈良市北御門町20-1

2012年

吉澤俊弘(青森県東通村副村長)(2012.1.18没,享年67,肺がん)
  • 自宅:東通村目名向野122-9
谷口幸治(愛知県尾張旭市長,歯科医師)(2012.2.6没,享年67,膵臓がん)
  • 2012.2.4 入院を理由に退職届(1.24付)を提出
  • 自宅:尾張旭市西大道町六兵衛前3911
菊地剛(新潟県燕市副市長)(2012.3.28没,享年58,閉塞性黄疸)
  • 2012.2.8 体調不良のため検査入院する→2.25 閉塞性黄疸と診断される→3.13 手術に備えて再入院する→3.15 手術を受ける
  • 自宅:燕市分水旭町1-3-16
大沢幸夫(埼玉県日高市長)(2012.3.31没,享年73,心筋梗塞)(※2011~2014年 逝去者参照)
  • 2012.3.27 市長室の椅子に座ったまま意識を失っているのを発見され、心肺停止状態で緊急搬送される
  • 自宅:日高市原宿170
怡土康男(いどやすお)(福岡県うきは市長)(2012.5.25没,享年67,肺炎)
  • 2012.4月下旬から、上あごの腫瘍などの治療で福岡市東区の九州大学病院に入院していた
  • 自宅:うきは市吉井町福益217-1
村田駿(北海道福島町長)(2012.7.9没,享年67,肺がんが原因の窒息死)
  • 2011.5月 肺がんと診断される→2012.3月 病状が悪化して函館市内の病院に入院→6.1 公務に復帰するも、体調不良や治療などのため、早めに帰宅することもあった→7.9 自宅で吐血し、救急搬送先の松前病院で17時3分に死亡が確認された
  • 自宅:福島町宮歌113

2013年

久保晴一(元青森県倉石村長,元青森県議会議員)(2013.2.2没,享年61,肺がん)
  • 青森県核燃料サイクル施設阻止農業者実行委員長として1991年の参院補選に出馬し、落選している
  • 五戸町倉石石沢石沢32-1
石塚雅司(埼玉県松伏町副町長)(2013.7.14没,享年60,死因不明)
渡辺直由*(前岐阜県美濃加茂市長,御代桜醸造五代目)(2013.7.23没,享年67,膀胱がん)(*辞職後に亡くなっているが、実質的には、在職中に逝去したも同然なので、赤字にした)
  • 2013.4.19 健康上の理由により辞意を表明→5.9 市長を辞職
  • 自宅:美濃加茂市太田本町3-2-10,御代桜醸造(株):太田本町3-2-9
北畠守(茨城県結城市副市長(茨城県庁から出向し、2011.10.11に着任))(2013.7.28没,享年48,死因不明の突然死)(※2011~2013年 逝去者参照)
  • 2013.7.28 宇都宮市新里町の「道の駅うつのみや ろまんちっく村」で開催された「第5回うつのみやサイクルピクニック」に一般参加し、全長110kmコースの80~85km地点(宇都宮市福岡町の古賀志林道)で自転車から降りて倒れ込み、病院に搬送されたが、間もなく死亡する
  • 自宅:茨城県桜川市加茂部331
大城勝正(前沖縄県伊江村長)(2013.10.6没,享年65,脳内出血)
  • 自宅:伊江村西江上460
安里カツ子(元沖縄県副知事(~2011.2.19),りゅうせき副社長,那覇空港ビルディング会長)(2013.12.5没,享年66,心不全)
  • 2013.9月下旬 県内の病院に入院→10月 心臓の手術を行ったが、その後脳梗塞を起こすなど体調を崩し、入院を継続していた
小保内敏幸(岩手県二戸市長)(2013.12.8没,享年63,急性心筋梗塞)(※2011~2013年 逝去者参照)
  • 自宅:二戸市福岡五日28
小幡一彰(和歌山県白浜町副町長)(2013.12.10没,享年58,死因不明(病気のため))
  • 2013.12.5 体調不良を訴えて、同日より休暇をとる→12.9 田辺市の紀南病院に入院し、手当てを受けていた
  • 自宅:白浜町栄193-2
岡村幸四郎(埼玉県川口市長)(2013.12.25没,享年60,急性腎不全)(※2011~2014年 急逝者参照)
  • 2013.11月末 体調不良を訴える→12.20 車椅子で移動していた→12.24 公務を休み、電話で業務の指示をしていた
  • 2009.8.5 「腎臓病の妻の日常を取り戻したい」と、自身の左の腎臓(鏡視下左腎)を摘出し、妻・一江に移植する手術を受ける→妻は日常生活に支障がないまで回復
  • 自宅:川口市東内野528-10

2014年

植出耕一(前富山県副知事(~2013.3月末),富山県信用保証協会長,あいの風とやま鉄道社長)(2014.1.8没,享年66,心不全)
  • 2014.1.8 いつもどおり勤務先の富山県信用保証協会に出社し、体調不良ということで自宅に戻った後に倒れ、救急車で富山市内の病院に運ばれたが、午前11時40分に亡くなる
  • 自宅:富山市桜谷みどり町2-11
曽川泉(前宮崎県門川町長)(2014.1.13没,享年69,死因不明(病気のため))
  • 自宅:門川町庵川4896-1
坂下利明(元北海道白老町長)(2014.1.20没,享年65,敗血症)
  • 自宅:白老町川沿4-6-15
斎藤豊(元千葉県栗源町長)(2014.2.1没,享年65,左肺腺がん)
  • 自宅:香取市高萩1653-142
塩塚公一(元福岡県大牟田市長(1987.2月~1995.11月))(2014.2.21没,享年63,肝不全)
道上政男(岡山県美作市長)(2014.2.27没,享年63,肝細胞がん)
  • 2013.9.26 肝臓疾患のため入院する→12.24 公務に復帰→2014.1.17 再入院する→2.10 病気療養のため辞職願を提出する
  • 自宅:美作市湯郷917-1
山本繁太郎*(前山口県知事)(2014.3.15没,享年65,肺がん)(*辞職後に亡くなっているが、実質的には、在職中に逝去したも同然なので、赤字にした)
  • 2012.7月 山口県知事選の最中に肺炎が悪化する→8.22の知事就任を挟んで、肺炎や肺気胸の治療を理由に39日間入院する→2013.10.28 「過労」を理由に、佐賀市での九州地方知事会議を途中退席して緊急入院する→2014.1.9 辞表を提出する→1.14 体調が回復せず、「病のため」知事を辞職
  • 自宅:柳井市伊保庄1516
中善夫(和歌山県日高町長)(2014.3.27没,享年70,がん性胸膜炎)
  • 2014.2.26 胸に水がたまる胸膜炎の治療のため、入院する→3.19 体調不良を理由に町議会に退職申出書を提出して同意される(3.31付で辞職する予定だった)
  • 自宅:日高町原谷181
川代義夫(前北海道八雲町長(2005.10月~2013.10.22))(2014.4.13没,享年70,死因不明)
  • 自宅:八雲町宮園町29-3
花森憲一(元静岡県副知事,静岡英和女学院理事長)(2014.4.27没,享年67,死因不明(病気のため))
  • 自宅:静岡市葵区屋形町28-16
竹内重徳(元岩手県副知事,岩手銀行常勤監査役,岩手県測量設計業協会長)(2014.5.15没,享年70,膵臓がん)
  • 2014.4.5 岩手医大に検査入院し、そのまま入院を続けていた
  • 自宅:盛岡市浅岸1-7-8
宮下順一郎(青森県むつ市長)(2014.5.19没,享年62,くも膜下出血)(※2011~2014年 急逝者認定留保中参照)
  • 2014.5.19 同日18時半からむつ市下北町の「プラザホテルむつ」で開かれていた異業種組織の総会の懇親会で、乾杯の挨拶をしている時に急に倒れ、搬送されたむつ総合病院で21時39分に死亡が確認された
  • 自宅:むつ市中央2-1-6
成島忠行(元茨城県玉造町長)(2014.5.19没,享年62,胃がん)
  • 自宅:行方市玉造甲221
森川絹枝*(前神奈川県愛川町長)(2014.6.19没,享年62,卵巣がん)(*辞職後に亡くなっているが、実質的には、在職中に逝去したも同然なので、赤字にした)
  • 2014.3.24から腰痛の悪化を理由に休暇を取得→4.4 体調悪化で県内の病院に入院して卵巣腫瘍が見付かる→5.8 辞職願を親族が愛川町議会議長に提出→5.31 町長を辞職
  • 自宅:愛川町中津
津隈一成(前宮崎県日之影町長)(2014.6.28没,享年63,死因不明)
  • 2012.11月頃 体調を崩す→2013.3月~9月 食道から出血する「出血性貧血」のため、3度にわたって入退院を繰り返す→10.31 病気のため、任期を1年余り残して町長を辞職
木村竹彦(神奈川県茅ケ崎市副市長)(2014.10.25没(現地時間),享年63,死因非公開(ハワイ・ホノルルで客死))
  • 2014.10.25 午前7時頃、市長を含む市職員ら6人と共にワイキキビーチに行き、サーフィン(パドリング)をしていたところ、砂浜にいた他の市職員が異変に気付く→7時30分頃 意識を失った状態の木村氏を、ライフガードが海底から引き揚げ、近くの病院に搬送する→8時20分 死亡が確認される(※姉妹都市友好協定の締結式に出席するため、10.21からハワイ州ホノルル市に出張していた)
大津保信(山形県中山町長)(2014.12.3没,享年67,肝機能障害)
  • 2014.9.29 腰の痛みを訴える→9.30 山形市の県立中央病院に検査入院する(そのまま逝去まで入院し続ける)
  • 自宅:中山町柳沢753
作野律雄(元島根県美保関町長)(2014.12.9没,享年70,死因不明)
  • 自宅:松江市美保関町七類1022

2015年

吉住弘(東京都台東区長)(2015.1.7没,享年73,肝細胞がん)(※2015年 逝去者参照)
  • 2014.12月初旬 体調を崩して入院し、肝細胞がんが判明
  • 自宅:台東区下谷2-5-25
奥村慎太郎(前長崎県雲仙市長)(2015.1.14没,享年60,大動脈解離)(※2015年 急逝者参照)
  • 自宅:雲仙市小浜町飛子1158
伏屋征勝(元岐阜県岐南町長)(2015.1.25没,享年69,急性心不全)
  • 自宅:岐南町伏屋3-333
山下芳信(旧岐阜県坂下町長,元岐阜県中津川市収入役)(2015.2.25没,享年68,感染性腹部大動脈瘤破裂)
  • 自宅:中津川市坂下3198
中川太一(新潟県魚沼市副市長)(2015.3.15没,享年63,心不全)
  • 自宅:魚沼市原虫野47
村上敬助(秋田県羽後町副町長)(2015.4.4没,享年61,死因不明(急病のため))
  • 自宅:羽後町柏原7-4
丹下甲一(前鹿児島県副知事(~2013.3.31),第3代内閣府公益認定等委員会事務局長,消防団員等公務災害補償等共済基金常務理事)(2015.4.6没,享年58,膵臓がん)
  • 自宅:杉並区久我山5-39-17
佐藤陽一(前大分県日田市長(~2011.8.4))(2015.4.11没,享年66,肺がん)
  • 自宅:日田市丸山1-3-6
本間正巳(山形県酒田市長)(2015.7.20没,享年68,咽頭がん)
  • 2013.9月 狭心症を患い、心臓バイパス手術のため約2ヶ月間入院する→2014.5月 咽頭腫瘍のために入院して声帯を除去する→11月 公務に復帰する→2015.7.11 腎機能障害を理由に日本海総合病院に入院→7.17 後援会を通じて辞意を表明
  • 自宅:酒田市北今町3-30
高尾弘明(前北海道赤平市長(2003.5.1~2015.4.30))(2015.7.21没,享年70,膵臓がん)
  • 自宅:赤平市若木町南4-13
遠藤幸次(元秋田県稲川町長,社会福祉法人いなかわ福祉会理事長)(2015.9.21没,享年68,死因不明(病気のため))
  • 自宅:湯沢市三梨町字烏帽子橋34
大森親久(栃木県那珂川町副町長)(2015.12.6没,享年53,心不全)
  • 自宅:那珂川町大内2184
藤田雄山(元広島県知事(1993.11.29~2009.11.28),元参議院議員,日本赤十字社広島県支部支部長)(2015.12.18没,享年66,誤嚥性肺炎)
  • 2009.4月 健康診断で直腸がんと診断され、腫瘍の摘出手術を受ける
川村康治(三重県川越町長)(2015.12.28没,享年66,前立腺がん)
  • 2015.8月 体調不良を訴える→9月中旬 内臓疾患の検査で入院する→11.5 病気療養に入り、城田政幸副町長を職務代理者にする
  • 自宅:川越町高松192-2

2016年

村上勝士(元広島県沼隈町長,福山市自治会連合会会長)(2016.1.11没,享年68,肺がん)
  • 自宅:福山市沼隈町草深2748-13
木瀬武治(前和歌山県高野町長(~2014.4.30))(2016.1.22没,享年60,事故による外傷性ショック*)(*死因を「脳挫傷によるくも膜下出血」としている報道も有)
  • 自宅:高野町花坂711
室戸英夫(岐阜県北方町長)(2016.2.6没,享年73,急性心筋梗塞)
  • 2016.2.6 同日20時頃、急性心筋梗塞で自宅で倒れ、岐阜市内の病院に運ばれたが、21時過ぎに亡くなる
  • 自宅:北方町芝原東町4-14-1
  • 2013.4.1 「脱原発をめざす首長会議」に加入している
川村仁弘(元新潟県副知事(1995.7月~1998.6月),元立教大学教授(2002.4月~2013.3.31),弁護士(第一東京弁護士会所属))(2016.2.8没,享年68,食道がん)
  • 自宅:世田谷区,森田・高橋法律事務所:港区新橋2-10-5 新橋原ビル4階
二坂信邦(元秋田県湯沢市長,雲岩寺住職)(2016.2.16没,享年68,膵臓がん)
  • 自宅(雲岩寺):湯沢市相川麓105
佐々木弘文(元青森県藤崎町長,ふじ保育園園長,藤崎介護サービス社長)(2016.3.16没,享年68,死因不明(急病のため))(※2016年 急逝者参照)
  • 自宅:藤崎町西豊田2-9-6
沖野文雄(前広島県安芸高田市副市長)(2016.3.19没,享年58,死因不明)
  • 自宅:安芸高田市向原町有留1378
水沼猛(北海道別海町長)(2016.5.4没,享年66,多臓器不全)(※2016年 急逝者参照)
  • 2015.12月 腎臓疾患の治療のため、約1ヶ月間、札幌市内の病院に入院→公務復帰後、町立別海病院で治療を続ける→2016.4.22 札幌市での公務中に高熱を発する→4.23 町立別海病院に入院→5.2午後 呼吸不全に陥り、容体が急変した
    • 高熱を発する6日前の4.16に上京し、豊島区西池袋1丁目のホテルメトロポリタンで開催された「東京・別海ふるさと会」総会に出席している
  • 自宅:別海町別海寿町63-77

ソース

【データベース】
【訃報まとめ】
【2ちゃんねる】

  • 最終更新:2016-05-06 01:16:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード