発症年別グラフ

発病年別グラフ(現在146名)

(※●印は重篤な疾患,▲印は軽度の疾患/1人で2つ以上の疾患を発病した場合は、より重い方をカウントした)
2011年●▲▲▲(4名)(※実質9ヶ月半)
2012年●●●●●●●▲▲▲▲▲▲▲▲▲(16名)
2013年●●●●▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲(17名)
2014年●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲(38名)
2015年●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲(56名)
2016年●●●●●●●●●●▲▲▲▲(14名)
年不明▲(1名)

参考

チェルノブイリ原発事故で被曝した北ウクライナ住民にあらわれた精神、神経、身体の疾患(1987~1992年)グラフ

チェルノブイリ原発事故で被ばくした北ウクライナ住民にあらわれた精神、神経、身体の疾患.jpgチェルノブイリ原発事故で被曝した北ウクライナ住民にあらわれた精神、神経、身体の疾患.pngチェルノブイリ事故後の北ウクライナ住民の疾病罹患状況.jpg
(※上記はいずれも、『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害 ~科学データは何を示している~』に掲載のデータを基に作られている,左グラフの引用元、中グラフの引用元、右グラフの引用元

総務省消防庁 救急出動件数等のグラフ

救急出動件数及び前年比増減率の推移.png救急搬送人員及び前年比増減率の推移.png
(※左は「救急出動件数及び前年比増減率の推移」グラフ、右は「救急搬送人員及び前年比増減率の推移」グラフ(引用元))

  • 最終更新:2016-06-11 21:08:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード